Written on 8月 14th, 2010 at 2:04 pm by シンキチ

773 Comments

中田が好調を持続させるカギ

長いシーズン中、好不調の波があるのは、プロ野球選手にとっては当然の事。好調時は、打撃の神様・川上哲治氏の名言のように「ボールが止まって見える!」というくらい、自分の思い通りの打撃が出来るのですが、不調に陥っていくと、捉えた!と思ったボールが自分の思い描いた通りに飛んでいってくれない。

好不調の定義は、以前「中田の調子が非常に良い」という記事で紹介した、自分のイメージと実際の動きのギャップだと私は思うのですが、一流の打者になればなるほど、この好調期間を長く持続させること、さらに、不調期間を短くさせることが出来ると考えます。

中田は、まだまだ不調に陥った訳ではないですが、自分のイメージと体の動きに多少のギャップが出てき始めていて、一時期の絶好調時からは少し離れた感じがします。

しかし、まだまだ修正は可能。

私は、今の中田はとにかく、これ以上を調子を落とさないため、さらには、もう一度絶好調に戻すために下の事に気をつけるべきだと思います。

ボール球に手を出さない

中田が好調を持続するための最重要ポイントは、「ボール球に手を出さないこと」だと私は考えています。

さすがに、これだけ派手に活躍している選手に対しては、各球団のバッテリーは、「こいつは今絶好調」→「こいつが打つとチームが乗る」→「絶対に打たせたくない」→「甘いボールは禁物」といった凄く防衛的な考え方にシフトしてきます。

その結果どうなるのかと言うと、「歩かせても良いから、クサイ所で攻めて行こう」という形になり、ストライクゾーン、特に真中付近くるボールがガクッと減ります。

では逆に好調時のバッター心理がどうなのかと言うと、好調時には一打席でも多くの打席に立って、一本でも多くのヒットやホームランを打ちたいと考えてしまうのが一般的。恐らく中田も連続試合ホームランを打ってた頃は、フォアボールなんか選ぶよりも、バットを振って少しでもボールを前に飛ばしたいと考えていたかもしれません。

相手バッテリーがまともな勝負をしてこないのにも関わらず、際どいボールでも追いかけてしまい、その結果、自分の打撃を崩す。そして、スランプに陥いるという流れがプロ野球ではよくあります。

さらには、今の中田にも言えるのですが、狙っていないボールにも反応してしまうケース。身体の状態が非常に良いので、無意識に打てそうなボールであれば、狙い球以外でも打ってしまう。イメージにないボールを打つというのは、本当に難しく、中田はこれを打ち損じている事もしばしばあります。

中田がホームランを打てていたのは、決して全ての難しいボールに対応出来ていたからではなく、甘く入ってきたボールを確実に仕留めているから。春先には出来ていなかったこの一点が確実に実行出来るようになったため、これだけのホームランが量産出来たのだと私は思います。

今後の中田の課題は、いかにボール球に手を出さないか、さらには、追い込まれるまで狙い球のみを打っていけるか、この辺りが好調を持続させる要因になってくると思います。

ここ4試合で中田が取ったフォアボールは、たった二つ。元々、中田は速いカウントからガンガン打って行くタイプと言うのもあるでしょうが、試合を見ている限り、厳しいコースに手を出していることもしばしばです。

今後、中田が一試合に1つや2つのフォアボールが取れるような状態になれば、この好調をキープできると思いますし、逆に三振の数、特にボール球を振らされての三振の数が増えてくると、スランプに陥ってしまう事もあると私は思います。

今後はホームラン数ばかりに目を奪われずにこの辺りの所も注視したいですね。

狙い球の絞りなおし:追記

杉内-田上バッテリーとの対戦を見ていて感じたのですが、中田への攻め方が従来の「外への緩いボール←→内への速いストレート」という中田攻略の方程式から少し変化してきたような気がします。勿論、ここまで絶好調を維持し、一回り前のソフトバンク戦でも和田からHRを打っている中田に対してですから、違う攻め方を考え直すのは当然の事でしょうが、中田はその変化に少し戸惑っている感じを受けました。

来るべき時に待っているボールが来ない。言い換えると、今まで来ていたボールが、待っていたカウントには来ず、別のカウントに投げられてきたり、さらには、待っていたボールが来たとしても、ボール球(見せ球)になっている。この辺りで、中田の思考回路が乱され、積極的に行けなくなったり、はたまた、追い込まれてボール球に手を出してしまう結果になっているのだと思います。

中田への攻め方の違いで、特に印象に残ったのがインコースの使い方。

以前の中田になら、インコースへのボールは、ストライクゾーンに投げられるモノもたくさんありました。なぜなら、そこは中田の苦手コースで、仮にバットに当たったとしても詰まったフライアウトか、後ろへ飛んでいくファールにしかならなかったからです。

しかし、今の中田は違います。大嶺やマー君との対戦で見せたように、多少厳しい所に来たボールでも、ある程度狙いが定まっていれば、インコースは十分にホームランが打てるようになった。恐らく、対戦相手はその辺りを十分に分析済みなのだと思います。

「中田へのインコースは、確実にボール球にすべし」。これがかなり徹底されているような感じを受けました。

元々、中田のような長距離砲にインコースをストライクで攻めるのは、かなり勇気がいる事なのですが、今までは中田がそこの対応が全くできないと言うことで、気にせずガンガン攻められた。しかし、そのインコースに対して成長を見せ始めた中田に、さらに一発の脅威がある中田に対して、そこへ投げるボールは、確実にボール球にしておいた方が良いという考えになったんだと思います。

上の事は、ここ数日の相手バッテリーの攻め方を調べたわけではないので、確証はありませんが、私が中田と対戦するのであれば、ワザワザホームランを打っているコース、さらには中田が狙っている可能性が高いボールを選択はしないです。もっと言うと、中田がそこを狙っているのであれば、それを逆手に取ってボール球で誘ってみるか、または、そこにもまだまだ行くんだぞと言う印象付けの為に利用し、そして、その後の配球の助けにすると思います。

今日のノーアウト満塁の場面でも、ソフトバンクバッテリーの初球の選択は外へのストレート。これは、杉内が完全に開き直ったというのもありますが、中田が予想だにしなかったボールが初球に来ました。その証拠に中田が一番好きなコース、さらにそれが真ん中よりに甘く入って来たにも関わらず、中田は反応すらしなかった。恐らく、中田の頭には外へのチェンジアップ、内へのストレート、スライダー辺りが頭にあったんでしょう。

中田はこの1球で完全に迷ってしまい、その後のボールも絞りきれずに三振に討ち取られたという感じです。

長くなりましたが、中田は第一号ホームランを打ち始めた時期と、そして直近3試合くらいの攻められ方の違いをもう一度調べなおしたほうが良いかもしれません。各球団、前の対戦で一通り中田にやられましたので、かなり中田対策として、今までと違った攻め方を考えてきていると思います。

やはり、プロのレベルになるとある程度、配球を読んでいかないといい結果を出すことは難しい。その逆として、相手バッテリーも何とかバッターに読まさないような対策を確実に練ってきます。中田は、前の15試合程で配球が読めれば結果を出せることを証明しています。今は一回り対戦した後の配球が変わる時期だと思いますので、もう一度、相手チームの攻め方を調べ直したほうが良いかもしれません。

下の動画は帯広での中田の打席。
これを見るとやはり絶好調なようですが、体のツッコミはまだかなり大きいですね。

野球ブログランキングに参加しています。
1日1クリックのご支援を宜しくお願い致します。
にほんブログ村 野球ブログへ

sponsored link

,

773 Responses to “中田が好調を持続させるカギ”


  1. spekteronline

    5 hours ago

    返信

  2. theasiancfo

    4 hours ago

    返信

  3. boomiane

    4 hours ago

    返信

  4. stayclassyyo

    4 hours ago

    返信

  5. rockthefall

    1 hour ago

    返信

  6. toddortberg

    1 hour ago

    返信

  7. boomerangbin

    1 hour ago

    返信

  8. degreeshq

    1 hour ago

    返信

1 Trackbacks For This Post

  1. doctorality Says:

    doctorality

    nike shirt damen adidas sports shorts with pockets flacco broncos jersey orange zebra print dress nike tuned 1 femme vert tech fleece grey joggers

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!