Written on 3月 23rd, 2007 at 7:02 pm by シンキチ

0 Comments

大阪桐蔭まずは初戦突破!79回選抜 日本文理戦 3月23日

今日は甲子園に行ってきました!実際の中田翔はやっぱりデカイ!体格がすごく、注目度も抜群でかなりの人気でした。
写メールを取りたい人だかりができていました。

→★野球ランキング★

大阪桐蔭が新潟代表日本文理高校を7対0で倒し、2回戦にコマを進めました。

大阪桐蔭は中田翔が登板し日本文理打線を完全に抑えたのですが・・
大阪桐蔭は勝つには勝ったが試合内容が非常によくなかった。

特に打線は完全に不発で、大阪桐蔭自慢の重量打線がほとんどつながらず、
相手のエラーに助けてもらい得点を重ねただけ。

まあ、相手の栗山投手がいい投手で
打ちにくかったって言うのも打線がつながらなかった大きな原因だが、
7点も取れた事は本当に奇跡に近い。

やっぱり日本文理バッテリーの5暴投が効いている。

期待の中田翔も第一打席はバットの先での一塁ゴロ、
2打席目はボール球に手を出しライトフライ、デッドボールをはさんでの
第四打席はライトフライと3打数0安打。

なかなかストライクを投げてもらえない状況に焦り、
ボール球を振ってしまっていた。

それと、まあ甲子園の初戦と注目が大きいというプレッシャーも
中田翔にはあったのだろう。

全く、自分のスイングができていなかった。

しかし、収穫が無い訳ではない。投手中田翔としての復活である。

結果をみれば7回1安打無失点と完璧な内容。
ピンチではインコースにストレート、アウトコースにスライダーを
上手く投げわけ点を許さなかった。

何より、大きなことは中田がマウンドにいたと言う事。

今日は甲子園に試合を見に行ってきたが日本文理は明らかに
中田翔の名前に負けていた。

試合内容を見れば日本文理と大阪桐蔭の実力はこの点差ほどはなかった。

それでも、これだけの点差がついたのは明らかに中田翔がマウンドに立ち
4番に座る大阪桐蔭に名前負けしたからだと感じた。

中田翔が打席に入ればスタンドがどよめき、
カブレラのような背筋を伸ばす構えを見せれば大きな歓声が沸いた。

今日はこれを見れただけでも非常に感激で、改めて怪物中田翔の凄さを感じた。

甲子園の画像もたくさん取ってきたのでまた次回アップします。
楽しみにしてください。

アップしました!
07春の選抜・甲子園観戦記 対日本文理戦1
07春の選抜・甲子園観戦記 対日本文理戦2

sponsored link

, ,

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!