Written on 10月 2nd, 2010 at 1:50 pm by シンキチ

32 Comments

中田・クライマックス出場ならず・・・でもよくやった!

昨日、ロッテがオリックスに勝ったため、日本ハムのクライマックスシリーズ出場の可能性が消滅。最終戦までもつれ込んだ日本ハムとロッテのクライマックスシリーズ出場の戦いは、ロッテに軍配が上がりました。

中田も自身のブログで、ロッテが負けることを願いながら、しっかりとクライマックスシリーズに向けての準備をしていたようなので落胆は大きいと思いますが、結果は結果。終盤の大事な時期にスランプに陥って、また、最終戦で大暴れして、さあこれから調子が上がってくる!と言う所でのシーズン終了。恐らく、中田の悔しさもひとしおだと思います。

しかし、中田は下を向く必要はありません。
多少のひいき目は入っていますが、今年の中田は本当に良くやったと思います。一年間ずっと中田を追いかけてきて、今シーズンにあった色んな出来事を考えていたのですが、本当に「よく頑張った!」という言葉しか思い浮かびません。

レフトの守備に初挑戦

nago14今年から中田は、出場機会を増やすためにレフトの守備にも挑戦し、キャンプではほとんどの休日を返上して練習に取り組みました。

キャンプ序盤は、中田の所にボールが飛ぶ度にみんながヒヤヒヤし、一つボールを処理するたびに歓声が上がるくらいの危なっかしいものでしたが、シーズン中にも大きなエラーをすることなく、逆に強肩でチームを救う場面もいくつかありました。

慣れないポジションでの守備というのは想像以上に精神的な負担がかかるものです。その中で、自分がやるべき仕事をきちっとこなし、チームに迷惑が掛からないレベルにまで守備力を向上させたのは本当に努力の賜物だと私は思います。

開幕一軍・開幕スタメン

nakata23オープン戦でもコレだ!という爆発的な活躍が出来なかった事もあり、中田は開幕前には、自分が一軍に残れるかどうかでかなりナーバスになっていました。自身の話では、あれだけ激しく練習したキャンプ中ですら、体重が減らなかったのに、このオープン戦では「いつ二軍に落とされるんだろうか」という不安から、10キロ近く体重が激減したようです。

本当に辛かったでしょうが、そんな苦しみの中掴んだ開幕一軍。

オープン戦最終戦での中日・バルデスからの2打席連続HRという決定打もありましたが、梨田監督を始めとする首脳陣達は、ただオープン戦の結果だけを見て中田の開幕一軍を判断したのではなく、中田の劇的に変化した練習態度や、今年に掛ける意気込みなどもしっかりと評価し、一軍入りを決めたのだと思います。それくらい、今年の中田は人が変わったように何に対しても一生懸命取り組んでいました。

中田はその勢いをもって開幕スタメンも勝ち取りました。対戦相手はソフトバンク。
今でもあの場面は私の中ではっきりと覚えていますが、杉内から詰まりながらもレフト前へ運んだ2点タイムリー。今年の中田はヤルゾ!と思わせてくれる一打でした。

第一次スランプと二軍落ち

nakatautenai2開幕戦で大きな活躍をした中田でしたが、その後は、中々結果が出ませんでした。原因の一つがストレートへの対応が出来ていたなかった事。

カウントを取りに来る比較的甘めのストレートをことごとくファールや空振りにしてしまい、仕留めるべきボールが全く打てなかった時期がありました。相手投手も中田がストレートが打てないものですから、早いカウントからドンドンとストレートと、その裏をかいた変化球でカウントを取りに来て、あっという間に追い込んでしまう。

打者不利な状況での勝負になる事が多かったので、そんな中で結果を求める方に無理があったと思われます。

この間、首脳陣に助けを求めて構えを変えてみたり、色んな試行錯誤をしていましたが、結局、梨田監督は中田にもう一度二軍に戻って課題を克服するように指示。開幕からちょうど一月後の4/18、中田の二軍落ちが決定しました。

左ひざ半月板損傷

nakatakega二軍で田中幸雄コーチと共に打撃改造に乗り出した中田ですが、その矢先、今年一番という大きな出来事に襲われました。

左ひざ半月板損傷。

外野の守備でボールを捕球した際に、膝に激痛が走り、内野へ返球した後、中田はその場にうずくまりました。表情に苦痛が浮かび、私もその場面を何度も見返しましたが、誰が見ても明らかに「これはただ事ではない」という症状に見えました。

というのも、ダイビングキャッチをしたり他の選手と交錯してケガをしたのなら、ただの打撲と言う事も多いのですが、何の変哲もないフライを楽々とキャッチした後に起こったこのケガ。一瞬、ハムストリングかとも思いましたが、結果は左ひざ半月板損傷。中田の野球が出来ない3ヶ月間が始まりました。

このブログでも何度も紹介しましたが、このケガで最も大きな問題になったのが手術を受けるかどうかの判断。中田は、今シーズンを棒に振るかもしれない、さらには、ケガ発症後すぐに痛みが軽減した事から、手術には反対の立場を取っていました。

球団側も当初、手術の件は中田本人の判断に任せると公の場で言っていたのですが、中田が手術を受けないと判断するとその態度を一変させ、中田に手術を受けるよう、半ば強引に説得に取り掛かりました。

この報道を聞いて最初は球団側に対して、どうして最初の言葉を覆す?どうして中田の思うようにさせてやらない?と憤りを感じましたが、やっぱり、中田の長い野球人生を考えると、手術をさせるという球団の判断は間違っていないと思い返しました。

結局手術は5/10に行われ、無事に成功。
ここから中田の長く辛いリハビリ生活が始まりました。

ケガからの復帰・そして即一軍

nakataichigunhukki多少の前後はありますが、中田がケガをしたのが4/18、手術をしたのが5/10、そして二軍の実践練習に復帰したのが7/13頃になりますので、約、3月ほど中田は野球が出来なかったことになります。

その間、チームも3・4・5月のどん底状態から抜け出し、連勝で一気に借金を返済していましたし、続々と主力メンバーが怪我から復帰し自身の定位置に戻っていました。

恐らく、中田も自分が抜けてからチームの状態が上がって行くので、凄く悔しかったと思いますし、また、ケガで戦線離脱していた先輩たちが続々と一軍に戻って来て活躍するので、焦りも感じていたと思います。

そんな経験も乗り越えての現場復帰。中田の気合は相当なものだったと思います。

中田は、数試合二軍のゲームに出場し、ゆっくりとゲーム感覚を取り戻そうとしていました。膝の状態も確認し、これならまともに野球が出来ると判断がついて、「さあここから一軍に向けてがんばるぞ!」という所で、意外にも梨田監督からの一軍への招集。

まだ現場復帰して幾日も立ってない時期でしたので、中田も色んな新聞報道を見る限り、完全に戸惑っていましたし、私たちファンも喜ぶ反面、本当に大丈夫か?という心配もありました。

しかし、今考えるとこの意外さが非常に良かったのだと思います。考えすぎる所がある中田が、余計な事を考えずに無心で行けた。ここから中田の大爆発が始まりました。

平成の新怪物・中田翔、開花

nakata5森本稀哲の戦線離脱という事もあったのでしょうが、実戦復帰したばかりの中田がいきなり一軍に呼ばれて即スタメン。

7/19の復帰戦でいきなりヒットを放ち、気を良くしたのもあるでしょうが、何となく、ケガを乗り越え復活した中田は以前よりも大きな、打席内でのオーラのような期待感が感じられました。

そして、あの忘れもしない翌7/20の復帰第二戦。
この動画があればもう言葉はいらないと思いますので、見れる方はどうぞ。

このホームランは本当に感動しました。何かこの二年間のモヤモヤが全てこの一撃で吹っ飛んだようなそんな晴れやかなホームランでした。

ここからはみなさんもご存知の通りの大爆発。

ソフトバンク・和田、オリックス・金子千尋という最多勝コンビや、さらには西武・涌井や楽天・マー君などの各球団のエース級から立て続けにホームランを放ち、一躍、各球団の要注意人物になりました。

金子千尋、マー君から打ったHR動画もありますので、ご覧ください。

その後もホームランを量産し、中田完全開花と思われましたが、やっぱりプロはそんなにも甘くはないんですね。

シーズン終盤の第二次スランプ

naktagazouhyouka中田が初HRを放ってから、どの球団も一回りするまでは中田の勢いを止めることが出来ず、完全に中田にやられていました。

しかし、そこはプロのスコアラー。

このまま絶好調の中田を野放しにする訳はなく、二回り目の対戦に入ってきた所で、中田の弱点を洗い直し、急に中田が打てない日が始まりました。

恐らく、攻め方の違いを見てる限り、今までのインコース中心の攻め方ではかなり危険ということになって、インコースへは見せ球のみ、勝負はアウトコースでという形に変更したのだと思います。

中田はこの後、バタッと打てなくなり、シーズン終盤の大事な試合でスタメンを外れる事が多くなりました。最終戦では、何かをもう一度、自分の打撃を掴み直したような感じがありましたが、チームがクライマックスシリーズ出場を逃したため、その是非については分からないままです。

本当によく頑張った

こんな感じで中田の今シーズンを見てみると本当に中田にとっては激動の一年間だったと思います。

プロ入り初の開幕一軍・開幕スタメン、そしてスランプでの二軍落ち。プロ入り初の手術での長期離脱、そしてプロ入り初のホームラン、そしてまたスランプと、本当に内容の濃い一年間で、中田にとってはとてつもなく成長できた年でもあると思います。

まだまだ課題も多いですが、今年の経験は必ず来年に活きるはずですし、来年こそは完全開花の匂いがプンプンします。

それもこれもここから来年春にかけての練習次第ですので、まずは体の疲れをとって、また秋季キャンプから打撃の改善に取り組んでほしいです。

とにかく、今シーズンは本当にお疲れ様でした。
私たちファンは思いっきり楽しませてもらいました。
有難う中田翔!

sponsored link

,

32 Responses to “中田・クライマックス出場ならず・・・でもよくやった!”


  1. ごんちゃん

    7 years ago

    シンキチさん

    久々コメです。この記事を拝読し、ファイターズにとっても中田選手にとっても激動の一年間だったなあ…と思います。

    中田選手はまだまだ若い!これからも希望しかないですよね。ダルビッシュ投手がピッチングについて探求心旺盛だったように、中田選手にも自分のバッティングを貪欲に追求して、ものにしてもらいたいな〜

    来年、陽選手や鵜久森選手とともにレギュラーで活躍する姿を見たいですね。

    ただ、ダルと一緒のお立ち台がもう見れないかもと思うと寂しさがこみ上げてきます。センチメンタルでごめんなさい。

    返信

  2. シンキチ

    7 years ago

    ごんちゃんさんコメント有難うございます。

    確かに中田もダルビッシュ投手のように自分のバッティングを深く追求して欲しいですね^^

    でも、何となくまだ今の中では出来ないかもしれませんね。自分のバッティングがまだキチッと定まっていない中では、間違った方向に進んでいく可能性もありますし、まずは自分が進んでいきたい正しい方向をしっかりと見極めて欲しいですね^^

    確かに来年は中田をはじめ、陽選手や鵜久森選手あたりがチームの主力になって欲しいです。ダルビッシュ投手もメジャーの話が出てますし、森本選手もFA宣言するかもしれません。坪井選手もチームを去るみたいですし、来年は本当にがらっとチームが変わるかもしれません。

    恐らく、打者でも助っ人外国人を取るでしょうし、また厳しい競争があるかもしれません。大変でしょうが、頑張って欲しいですね^^

    とにかく、今秋の成長が来年のカギですね。
    来年の中田は確実に爆発しますよ^^

    返信

  3. 犬ワン子

    7 years ago

    シンキチさん、こんばんは。
    私も、中田君はいろいろな事あったけれど、本当によく頑張ったと思います。
    実は私、4月頃にプロ野球aiの懸賞応募したのですが(中田君の特集が載っていたので買いました)、中田君の直筆サインが当たったんです。
    又、私は、中田君のオープン戦見ながら試験勉強に励み、中田君の頑張りにも励まされましたから。
    中田君の1軍開幕の決定に肖る様に、私も悲願だった資格試験に合格しました。
    中田君は、私にとってきっと何かの縁があったんだわ・・・ってね。(実際には会った事はないですが)
    私が、試験勉強で挫折している頃、丁度中田君もオープン戦で打てるか、守備が出来るかの試練があった頃だったんで、それがきっかけでファンになったようなものだったんですけど。
    中田君は、このオフ~来春のキャンプの間、きっと「打撃」に対する改革をし、今季よりもいく回りも大きくなって、来季は、ファンやみんなの前に現れてくれる事と思っております。
    又、来年は、あの早稲田の斎藤佑樹投手が、プロ野球界に入ってきます。
    ハム以外の球団に入ったら、高校野球時代と去年の秋のNBPプロ選抜vs大学野球の時の
    「リベンジ」を、絶対に果たしてほしいって思っています。
    来年こそ、中田君には、飛躍の年である、そう信じております。

    返信

  4. シンキチ

    7 years ago

    犬ワン子さんコメント有難うございます。

    資格試験合格していたんですね!おめでとうございます^^
    ちょっと聞きにくかったので、どうなったのかも聞けずにもやもやしていました。本当におめでとうございます。

    今シーズンは本当に多くの方とコメントを通じてお知り合いになる事が出来ました。これも全て中田あってのことで、本当に中田には感謝をしています。このブログもどこまで続けられるか分りませんが、本当に今年はみなさんと一緒に中田を応援できて本当に楽しかったです。有難うございます^^

    来年は斉藤投手が入ってきますね^^
    出来ればファイターズ以外のパリーグに来て欲しいのですが、中田はあの時の悔しさを思いっきり晴らして欲しいですね^^

    私ですらあの三振は脳裏に焼きついていますので当人ならなおさらだと思います。秋季練習、ドラフト、春季キャンプとらいシーズンまで先は長いですが、まずは体をゆっくり休めて疲れをとって欲しいです。

    本当にお疲れさんでしたと言ってあげたいですね^^

    あと、直筆サインちょっと羨ましいです^^

    返信

  5. 田中幸雄を尊敬する者

    7 years ago

    お疲れ様でした!

    日ハム⇒結果は4位と残念でしたが…やはり、どのチームよりも面白い試合をしてましたね。毎年毎年、応援し甲斐のあるいいチームです。

    中田翔⇒本当によくやりましたね。頑張りすぎなくらいよくやっていたと思います!
    気にされていた守備でしたが、結果は失策1…守備機会が少なかったとはいえ、これならもう心配はしません!
    気になったのは四球の数でした。しかし、中田の才能ならこれからの数年の経験次第で年間50は目指せると思いました!
    個人的にですが、それぞれ選手の評価をする際に、打率等他の成績よりも出塁率を気にしています。
    今年でいうと、巨人の小笠原選手・中日の和田選手・オリックスのカブレラ選手・ロッテの井口選手等など…この辺りの選手は凄まじいと思います!

    日本シリーズ、日ハムいませんが…イベント自体は楽しみです。

    そこでお願いがあります!
    中田とは全く関係ないのですが、セ・リーグとパ・リーグについて1件アップして下さい!

    現状どうしても、セ・リーグ(特に投手)が劣ってるようにしか…
    規定投球回数に達している選手が10人程度、しかも防御率があれだしDH制なし、ホームラン本数の明らかな違い…まぁセ・リーグの打者が強すぎると言ったらそれまでなんですが。。
    パ・リーグの投手から、あれだけの成績を出しているパ・リーグの打者はやはり魅力的です。

    と…これは例ですが、シンキチさんの思ってること何でもいいので聞かせて下さい。(一応ネタ提供ってことで勘弁して下さい)

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      田中幸雄を尊敬する者さんコメント有難うございます。

      ファイターズは本当に面白いチームですね^^
      戦力的に見ると決して他チームを圧倒しているワケじゃないんですが、何となく勝っていき、気がつけば上位にいる。本当に勝ち方をよく熟知しているチームだと思います。

      ただ、今年は前半戦にかなり負けが混んだので、どうしても一試合も落とせないという負の雰囲気が常にチーム内にあって、消極的な野球が多かったような感じがします。去年のように、打線が繋がりまくって大量得点のような試合が少なく、バントで必死につないでいる印象があって、何となく思い切った攻めができていなかったかなぁと勝手に思っています^^

      中田も含めた下位打線にもう一枚厚みがあれば、結果は変わったかもしれませんね^^

      中田は幸雄さんの仰る通り、来年はもっと四球を取っていくべきだと思います。今年は本当に2・3球で追い込まれている場面が凄く多く、どうしても不利な状況で相手投手と勝負をしていました。これでは四球は勿論ですが、ヒットを打つ確率も大きく下がってします。ボール球はしっかりと見極める、そして甘いボールは逃さずしとめるという事をこの秋から取り組んで欲しいですね^^

      セパの比較ですか・・・難しいですね^^
      記事に出来るほどの知識がないので、ここに意見を書かせてください^^

      中田が入団して以来はファイターズ中心にプロ野球を見ていましたので、セ・リーグの野球に疎くなっていますが、私は、セパで野球のスタイルが逆転したかなぁと思っています。

      昔のパ・リーグの野球というのは打者に豪傑が揃っていて、豪快に打ち勝つ大雑把(メジャーリーグのよう)な野球が主流でした。それが、今は、バント・エンドラン・盗塁などが頻繁に行われ、特にシーズン終盤になってくると、ほぼ高校野球と同じような勝ちにこだわった采配が多くなってきます。

      例えば、ファイターズでも一回表に田中選手が出塁すれば、森本選手がかなりの確率で送ってきます。阪神あたりも同じような攻め方をしてきますが、パ・リーグは、こういった攻め方をほぼ全球団が行ってきます。

      さらにバントの話で付け加えると、パ・リーグのチームは平気で中軸打者がバントをさせるチームが結構有ります。ファイターズもそうですが、ロッテやソフトバンクなども4番に入った打者が、たまにバントをしてきます。こういった場面はあまりセ・リーグでは見かけない所だと思います。

      また、盗塁も早いイニングからドンドンと仕掛けてきます。特にエース級の投手が投げているときは、序盤の乗ってくる前に潰してしまおうという意図が明確に見えるくらい足を使ってかき回してきます。西武・ソフトバンクなどは本当に守る方には嫌な攻撃をしてきますよ。

      なので、一つの結論として、パ・リーグの野球は、昔よりもかなり緻密になって、思いっきり勝ちにこだわる野球になっているのだと私は思います。プレーを見せてお客さんを楽しませるよりも、どんな形にせよ勝利することでお客さんを喜ばせる、そういう野球に変わったのだと思います。

      それに比べてセ・リーグというのは、昔のパ・リーグような見せる野球が主流だと思います。戦力的に見ると確実にセ・リーグの方が強そうだと感じるのですが、交流戦などを見ているとパ・リーグのチームがセ・リーグを圧倒しています。これはやはり、パ・リーグのチームの方が貪欲に勝ちを求めた野球をするからだと私は思います。

      WBCなどを見ていても、戦力的に整っているアメリカやドミニカ、プエルトリコなどが日本や韓国に勝てないのも、日本や韓国がよい勝ちにこだわる野球に徹しているのが理由だと思います。

      私はセ・リーグもパ・リーグを見習ってなりふり構わず勝ちにこだわる野球をした方が面白いと思います。野球には本当に多くの作戦がありますので、例えばもっと、アマチュアとかでは中々成功させづらい、バスターエンドランとかをやってみたり、こんな攻め方があるのか!と見ている我々が驚愕するような面白い野球をやっていって欲しいですね。打つだけ、投げるだけ、守るだけ、走るだけではつまらないですもんね^^

      長くなってしまいましたので、この当たりにさせて頂きます^^
      データではなく憶測の部分がかなり多いので、間違いがあればごめんなさい^^

      返信

  6. naomi

    7 years ago

    これからもブログを読ませてもらいますし、コメントもさせてもらいますが今年一年「中田翔」について色々おしえてもらい本当に楽しかったです。

    来年のファイターズは色々な面で変わりそうですね・・まだまだ戦力外も出そうですし・・・
    監督が変わらないのでどうなるかは分かりませんが、来年は確実に中田翔の年にしてほしいです。

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      naomiさんコメント有難うございます。

      こちらこそ、naomiさんとコメントを通じてお話ができて本当に楽しかったです。

      有難うございました^^

      仰る通り来年はガラッと選手が変わるかもしれませんね。
      中田にとってはチャンスになると思うんで、今年のオフはシーズン中に完成できなかった打撃の修正をやって欲しいです。

      プロ野球選手は季節労働者みたいなものですので、今はゆっくり体を休めるのも大事なことですが、若手はここで主力との差を埋めなければならないので大変だと思います。

      来年はどうなることだか・・・4番レフト中田が最高の形ですね^^

      返信

  7. shin

    7 years ago

    “今シーズン”の中田をもっともっと見たかったのですが、また来年ですね。

    最近、野村克也、松井秀喜等の著書を読むにつけ、偉大な選手というのは言葉に助けられる面も少なくないのだなと思いました。二人に共通するのは以下のものです。

    心が変われば行動が変わる
    行動が変われば習慣が変わる
    習慣が変われば人格が変わる
    人格が変われば運命が変わる
    運命が変われば人生が変わる

    その他にも恩師等から様々に言葉を授けてもらい、自分なりに解釈し、受けとめ、糧としながら野球人生を送っているようです。

    中田にも感性に合う言葉がきっとあるはず。
    良き言葉との出会いで道が開けるようよう念願します。

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      shinさんコメント有難うございます。

      そうですねー、短期決戦で中田がどんな活躍をするのか・・・見たかったですね^^

      これもいい言葉ですね。

      最初の二つ

      心が変われば行動が変わる
      行動が変われば習慣が変わる

      この部分は本当に難しいと思いますし、
      正しい方向性を見つけるのが本当に大変だと思います。
      ここさえ出来ればあとは自然のままに進んでいくものだと思いますが、難しいですね^^

      中田も正しい方向をしっかりと見つけ、その方向へ進んでいくために行動を変える。そしてそれが習慣になった時に、超一流の野球選手になると思います。

      周りに素晴らしい野球選手がたくさんいるので、まずはその人を進むべき方向と定め、行動して欲しいですね^^

      私も中田に対して偉そうなことばかり言ってないで、自分のことももう一度見つめ直さなければならないとつくづく感じました^^

      頑張ります!

      返信

  8. 日ハムファン

    7 years ago

    中田翔の今シーズンが終わってしまいましたね
    最終戦で暴れていたので凄い残念でした(T_T)
    それにしても激動の一年間でした… 見ているこちら側もハラハラするような事が多かった!
    今年は杉内投手との戦いが多かった印象が強かった

    名前のとおり日本ハムファンなのですが本当にファイターズは変わっているなぁって思います!
    ファイターズは他球団と比べていつも戦力的に弱いなぁと思っているのですが最終的に上位にいるので不思議な感じです
    シンキチさんのいう通り勝ちかたを熟知している
    ベテランギャンブラーみたいな戦い方ですよね!
    ノーアウト2塁でも送ることがあるのでバントが好きなチームだなと思いますけど逆に凄く己を知っているというか…
    自分たちのやり方を貫いているというか…

    いやぁそれにしても終わってみれば首位と3ゲーム差なのにCS行けないとは…
    悔しいというよりはびっくりですね!二位になってもおかしくないのに…(笑)
    交流戦でああいう順位にならなければもっと面白かった…

    中田の今シーズンが終わりましたが
    シンキチさんもお疲れさまでした(^O^)

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      日ハムファンさんコメント有難うございます。

      杉内vs中田翔、何となく印象が強いですよねー。分かります^^

      ファイターズはヒルマン体制になってから、見せる野球よりも勝つ野球にシフトをしてきたと思います。ゲーム以外の所でファンをおもいっきり楽しませ、試合中は、他球団につまらないと言われても、勝ちに徹する野球を貫く。

      ファンにとっては勝ちこそが最大の喜びですからねー^^
      本当に素晴らしい野球をするチームだと思います^^

      今年、クライマックスに行けなった原因は、中田にも関係がないとは言い切れません。スレッジ選手が抜けた穴を中田・陽選手あたりが埋め切れなかった。さらには、高橋信二選手が去年のような活躍が出来ない中で、中田がそこを埋める感じで食い込んで行けなかった。

      勿論、まだ若い中田にはかなり荷が重いですが、中田の才能ならそれくらい出来ても驚くべきことではありません。来年からは優勝請負人と呼ばれるような活躍を期待したいですね^^

      ありがとうございました^^

      返信

  9. 田中幸雄を尊敬する者

    7 years ago

    本当にありがとうございます。シンキチさん、いい人すぎです!

    それに、回答が全て⇒確かに、そうだな、ほんとに
    って思うもので…さすがだなと思いました。それを見たほとんどの方が同感したのではないでしょうか。やっぱり勝つことなんですよね〜

    今年一番残念だったのがファイターズの勝ち星です。一言でいうと負け運ですかね…
    チーム打率がわずか1厘差で2位⇒チーム防御率は圧倒的な差で1位⇒失点数は他チームと比較して100点くらいの差が!⇒しかし、結果は4位。
    得点力の差でしょうか?やはりホームランはパ・リーグで一番少なく、得点数も他チームと40点くらいは差があったかと…

    でも、総合的な成績ではかなりよかったと思ってます。失策以外は…去年のあの素晴らしいゴールデングラブが…

    1年振り返って考えてみると、接戦で負けて、大差で勝つというイメージがすごく残っています!

    悔しいなぁ。。

    返信

  10. シンキチ

    7 years ago

    田中幸雄を尊敬する者さんコメント有難うございます。

    ああー、良かったです^^
    何となく前から感じていたことを思い切って書いてみましたが、正解の部分もありそうですね。有難うございます^^

    チーム打率は二位だったんですねー。
    そんなに打ってるイメージはありませんが、やっぱり田中選手、稲葉選手、小谷野選手、糸井選手あたりが、チーム打率を上げてたんだなぁと感じます。

    これだけ打率があって得点が少ないというのは、やはり幸雄さんの仰る通りHRの少なさが大きく関わっているんでしょうね。これは、正直、中田にも責任の一端があるとは思いますよ。

    今年の下位打線は本当に弱かった。
    金子選手が9番で試合に出られる事がかなり少なかったですし、好調田中賢介選手の前に頻繁にランナーを貯ためる攻撃が出来なかった。この下位打線の出塁がもう少し高ければ、得点力も上がったんでしょうねー。

    来年は中田に下位打線にはいてもらいたくないですが、もしもそうなれば、HR数に期待したいですね^^

    今日からフェニックス・リーグ。
    中田は頑張ってるかなぁ^^

    返信

  11. 桐蔭ファン

    7 years ago

    中田は満塁ホームランを含む2ホーマー5打点と大活躍だったみたいですね。

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      桐蔭ファンさんコメント有難うございます。

      やっぱり、中田の場合、精神的なものが思いっきりプレーに左右しますね^^
      実力はもうとっくに一軍レベルにあるはずなんですが、精神的に追い込まれていくと好結果につながらない。

      フェニックスや二軍戦になると完全に相手投手を見下している感じですもんねー。
      一軍で打ちまくっている時も自信満々だったと思うんで、何とか、今は結果よりも打撃フォームを固めてしまうことに専念して欲しいですね^^

      もうホント二軍では敵なしですね^^

      返信

  12. 桐蔭ファン

    7 years ago

    お久しぶりです。
    シンキチさんのことやから、もう読まれたと思いますが、今月の「中学野球小僧」に中田の特集載ってます。今日仕事休みなんで本屋さん行って立ち読みしようと思ってます笑

    フェニックスリーグに行ってる岩本ガンちゃんのコラムに中田のことが書かれてました。田中幸雄コーチ曰く、「ホームラン打った次の打席に課題あり」だそうです。

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      桐蔭ファンさんコメント有難うございます。

      有難うございます!
      まだ中学野球小僧は見てないです。さすが桐蔭ファンさん、情報が早いですね。私も仕事終りに本屋さんに寄ってみます。有難うございます^^

      田中幸雄コーチ、一軍の打撃コーチ?になったんですね。
      幸雄コーチの打撃論ってあまり聞いたことがないのですが、中田と同じ右打者、さらには、長距離砲と言うことで期待をしたいですね。

      中田はとにかく、このオフの間に軸を動かさない打撃の習得が必要だと思います。
      どうなるのか心配ですが、楽しみですね^^

      返信

  13. 桐蔭ファン

    6 years ago

    日ハムが斎藤引きましたねー!
    出来ればパ・リーグの他球団で中田と対戦見たかった‥

    返信

    • シンキチ

      6 years ago

      桐蔭ファンさんコメント有難うございます。

      今日は桐蔭ファンさんからコメントを頂けるような気がしていました^^

      中田はリベンジができなくなりましたね^^
      野球の世界は芸人とは違って早くその世界に入っても、年齢で先輩後輩が決まります。なので、中田は先輩なのに後輩になっちゃうんですね。

      それにしても、ファイターズが引き当てるとは。
      来年の名護キャンプも中田の視察に行こうと思うのですが、斎藤くん人気で人が増えそうです。

      マー君対斎藤くん、そこに中田も絡んでくる。
      最近の野球はパ・リーグの方が断然面白いですね^^

      ちなみに、なべ久監督の引きも恐ろしいです。
      見ていて彼はこのまま倒れてしまうのではと少し心配になりました。

      返信

  14. 桐蔭ファン

    6 years ago

    シンキチさんの予想通りすぐにコメントしちゃいました笑
    渡辺監督の2年連続は神懸かり的ですね!! 涙ぐんでましたよね。 でも松坂、涌井など良い投手を育ててる球団なので、大石はよかったと思います。
    中田は斎藤にリベンジする機会を奪われて、一生頭が上がらないですね笑

    私はスカパー!で最後まで見てたんですが、びっくりするひとが横浜の最後で指名されたんです。シンキチさんなら覚えてらっしゃると思いますが、中田の甲子園デビューの相手、春日部共栄の四番だった鶴岡捕手です。 日体大にいった後どうなったのか分からなかったんですけど、四国アイランドリーグで頑張ってたみたいです。鶴岡選手のファンだった娘にすぐメールしましたよ。 捕手はなかなか上に上がるのは大変そうですが応援したいと思います!

    返信

  15. シンキチ

    6 years ago

    桐蔭ファンさんコメント有難うございます。

    確たる感じではないのですが、何となく、あの時の春日部共栄の4番は右打ちの選手だったような気・・・。確か世界大会のメンバーにも選ばれたような・・・そんな程度の記憶です。記憶が曖昧すぎて間違えていたらすいません^^

    中田の甲子園デビュー戦となると、中田よりも二つ上の選手ですね。
    四国アイランドリーグに行って自分を磨いてドラフトの一番ケツでもプロの切符を掴む。本当に簡単には出来ないことだと思います。

    桐蔭ファンさんの仰る通り、捕手は本当にレギュラーになるのが難しいポジションです。野手なら他のポジションと兼用と言う事もあるのですが、捕手の場合はありません。なので、1チームに1人しか正捕手になれない。大変なポジションです。

    しかし、捕手の場合は、他のポジションの選手よりも頭でレギュラーをつかめる可能性が高いポジションです。身体的に劣っていても頭で優ればレギュラーになれる可能性があります。鶴岡捕手も他のどの選手よりも勉強して、レギュラーポジションを取って欲しいですね^^

    それにしても、桐蔭ファンさんも凄いですが、
    娘さんもかなりの野球通ですね^^
    私も負けないようにもっと勉強します!

    返信

  16. 桐蔭ファン

    6 years ago

    早稲田の3人の記者会見がなかったんで気になってたんですけど、今朝のワイドショーで斎藤が後輩に「北海道遊びに来いよ」とメールしてたみたいで嬉しくなりました。シンキチさんキャンプ行かれるんですねー!
    めっちゃ羨ましい涙 キャンプリポート頼みますね(^o^)

    鶴岡は甲子園後に韓国で行われた大会の高校選抜にも選ばれてました。 シンキチさんの記憶さすがです!
    当時中学生で野球に全く興味のなかった娘がまず辻内のファンになり、甲子園のファンになり、なのであの世代には私も娘もすごい思い入れがあります。大学生になった今も甲子園大好きで去年は甲子園でビールの売り子のバイトもやったくらいです。話がそれましたが、シンキチさんの仰る通り四国アイランドリーグからプロに指名されたくらいですから、すごい努力と根性だと思います!来年の野球がますます楽しみです!

    返信

    • シンキチ

      6 years ago

      桐蔭ファンさんコメント有難うございます。

      凄くいい娘さんですね^^
      女の子で自然と野球が好きになって今でも甲子園を大好きでいてくれる、男親としてはこんなにも嬉しい事はないですね^^

      私もよく甲子園に行ってビールを飲みましたので、もしかしたら、娘さんにビールを入れていただいたかもしれません^^

      私もあの辻内君、平田君の世代は思い入れがあります。というよりも一年生の中田がいた結果の思い入れだったのですが、テレビで見ていた試合風景は今でもまだはっきりと記憶に残っています。

      今考えるとあの世代は一つ下に田中投手がいて、二つ下に中田がいる。レベルの高い世代だと思っていたのですが、下からの突き上げも相当強かったんでしょうね。

      まだ、辻内君も平田くんこれからの選手です。勿論鶴岡捕手もそうですので、下の世代に負けずにガンガン活躍して欲しいですね^^

      中田VS斉藤君は来年の紅白戦で見れればいいなと思います。
      その時はきちっと格の違いを見せて欲しいです^^

      返信

  17. t-yamasa

    6 years ago

    みなさん 今晩は、お久し振りです。 
    私も、参戦させてください。年齢を感じるような話題には、敏感でして、
    実は、中田選手と私の息子が、誕生日が一日違いなんです。それでか、中田選手が、気になってしょうがないんです。
    それと、松本選手の話が前、ありましたが、シンキチさんのいわれるよう「青い稲妻」の松本選手ですよね。でもその前の赤い手袋の柴田選手ですね。手袋は、柴田選手が一番早やかったのでは、ないかと思います。それと「薄暮試合」と「ナイター」ですよね。

    中田選手が、カープに入らなかったのは、残念でしたが、ダルビッシュ投手・楽天の田中投手・それに斉藤投手、今は、人気実力ともパーリーグで良かったと思います。

    カープにも、福井投手が、まだ入ってくれるかどうか心配です。球団の経営でオーナーの意見は、絶対ですが、ファンの気持ちも大事にして貰いたいです。ついグッチていましました。
    今年は、開幕カーで読売にSweepされて、閉幕カードになってしまいした。
    でも、カープにも中田選手と同様 頑張ってもらたいです。

    返信

    • シンキチ

      6 years ago

      t-yamasaさんコメント有難うございます。

      昔の話で盛り上がりながら一杯飲む。
      最高に楽しい瞬間ですね^^

      t-yamasaさんのコメントを読んで、中田が好きな方には、やはり共通して中田に思いを入れる何らかのエピソードがあるのだと感じました。息子さんと中田の誕生日が一日違いとは、本当に色んな事がからみ合って中田のファンになり、このサイトで皆さんとお知り合いになれたんですね。本当に人生は面白いです^^

      柴田→松本、巨人の一番バッターの歴史ですね。

      ただ、t-yamasaさん申し訳ありません。
      私は年齢的に柴田選手の記憶があいまいで、銀座で暴れ回っていたとか昔やってたプロ野球ニュースに良く出ていたとかそんな記憶しかありません。ただ、赤い手袋はやはり覚えています。ナイターの光に凄く映える色だったと記憶に残っています。

      話が変わりますが、最近、若いスター選手はみんなパ・リーグに入っていきますね^^
      昔は学生時代のスター選手はみんな巨人に入っていたのですが、清原、松坂がパ・リーグに行ってそして、メジャー帰りの新庄がセパの人気の流れを変えてしまった。

      そして、ダルビッシュ→田中→中田→斎藤と時代の流れは完全にパ・リーグに傾きつつあると思います。

      全国に巨人ファンがたくさんいて巨人が強くないと面白くないという時代は完全に終り、今は球団が地元民とともにどれだけ盛り上がれるかが球団を成功に導くカギになっています。カープも昔からの地元密着のチームですので、マエケン投手、今村投手、そして福井投手と昔のような強力な投手王国を作り、巨人、中日、阪神の3強に風穴をあけて欲しいです。

      来年はハムもカープも楽しみですね^^

      返信

  18. 桐蔭ファン

    6 years ago

    シンキチさーん(^-^) 桐蔭ファンは「男親」‥‥ではなく、「女親」なのです(*^_^*) よく考えてみたら話題は野球ばっかりなので、文面からでは分からないですよね笑

    息子さんが中田と1日違いとは羨ましいです。 ちなみに私は太田幸司と同じ誕生日です(笑) 太田幸司(字が違うかも)を知ってる知らないで世代が分かりますよね(笑)
    私もシンキチさんと同じく柴田の現役は覚えてないですねー。でもアニメ「侍ジャイアンツ」の柴田さんなら知ってますよ(^o^)ひげずらの柴田さん。

    シンキチさんにビールをついだかもしれない娘は今は中日の浅尾投手がお気に入りです(^^)
    若い娘はまず顔から入りますからね(笑)
    今日からのシリーズ録画しといてーのメールが毎日入るはずです(笑)

    返信

    • シンキチ

      6 years ago

      桐蔭ファンさんコメント有難うございます。

      これは大変な失礼を致しました。本当にごめんなさい・・・。

      私はずっと桐蔭ファンさんを勝手に男性と想像しお話をしていました。他に何か色んなご無礼をしていないか不安ですが、お許し下さるようお願い致します。

      本当にすいませんでした。

      良く考えてみると、本当に皆さんとは野球と中田のお話しかしていませんね^^
      お互いに今年一年(桐蔭ファンさんにいたってはもっと前から)コメントを通じてお話しているのですが、お互いの事はあまり分からない。

      本当にずっと中田の事のみを熱く語っていたんだなぁと強く感じました^^

      今後も恐らく今まで通りのスタンスでお話させて頂きます。ご無礼があるかもしれませんが、お許し下さいね^^

      今後とも宜しくお願い致します^^

      返信

  19. 犬ワン子

    6 years ago

    シンキチさん、お久しぶりです。
    ドラフトで、あの斎藤佑樹投手が指名されたことは、私も知っています。
    紅白戦での中田君との対決、私も楽しみにしているところです。
    その頃には、あの、斎藤投手にも「中田君はやっぱりプロだったんだね。」って言われるような、背番号6を誇れる選手に成長して欲しいし、勿論、斎藤投手ともチームメイトとして、うまくやって貰いたいと思っています。
    それよりも私が、問題と言うか、不安に思うことは、今後の中田君に対する球団側の対応なんです。(来季は、斎藤投手が入団してきた分、中田君に対する風当たりが更にきつくなりそうな・・・・)
    球団側の対応によっては、中田君が再び萎縮して、精神的に追い詰められないか・・・・・それが心配なんです。
    勿論、軟ではあっては、プロの選手は務まりません。しかし、球団側の対応によっては、中田君が潰れてしまう事だってあります。
    なので、球団側は、厳しい「鞭」ばかり叩くのではなくて、スランプで落ち込み気味なときに、今までどおり、「背中を押して励ましてあげる」と言った、フォローもやっていただきたいって思います。(斎藤投手が入団したからと言って、中田君に対しての態度を急に、今まで以上にきつく変えないで欲しいです。)
    但し、戦力外になった選手達のことを考えれば、贅沢言ってはいけませんがね。
    そういう意味では、「ハムのユニフォームを着続けられてるありがたさ」を中田君はいつもかみ締めながら、頑張って欲しいって思います。

    返信

    • シンキチ

      6 years ago

      犬ワン子さんコメント有難うございます。

      来季の中田は少しやりにくいかもしれませんね^^
      数年前は中田もかなりのフィーバーを起こしましたので、それに続く大きなフィーバーになることだ予想されるため、何となく雑念が混じりながら練習する事になりそうです。

      しかし、中田は他人の事など気にしている場合はありません。
      プロでは中田の方が先輩であっても年齢的には斎藤くんの方が年上です。先輩の事ばかり気に掛けても仕方がないでしょうし、また、中田には正直そんな余裕はないと思います^^

      来季も今季くらい気合を入れて頑張って欲しいですね。

      犬のワンコさんの仰る通り、球団側も斎藤君がいようがいまいが、今まで通りどの選手も平等に扱って欲しいですね。

      返信

  20. naomi

    6 years ago

    お久しぶりです。
    ドラフトには本当にびっくりでしたが、斎藤くんは来てくれそうです・・
    中田も良い刺激を受けそうな感じがしますし、今の中田なら斎藤くんより人間的にも実力も上だと思ってます。
    斎藤くんもこれからが本当の勝負になると思いますし、最初はチヤホヤでもプロ野球は甘くないでしょう・・そのうちマスコミも遠ざかります・・

    中田が斎藤くんを助けて勝つ事が必ずあると思いますし、来年は日本シリーズで中田の活躍する姿が見たいです・・斎藤くんも勿論

    中田はファイターズの宝物です。

    返信

    • シンキチ

      6 years ago

      naomiさんコメント有難うございます。

      斎藤君のドラフトは私もビックリでした^^
      というのも、ファイターズは澤村君でいくと思っていたので斉藤君を指名し、尚且つ、くじ引きで引き当てたのはかなりビックリでした。

      社長になる人はやっぱり運を持ってるんですねー^^

      naomiさんの仰る通り、斎藤君はマスコミ対応が大変でしょうね。でも、彼は中田よりもその辺りの対応は慣れてそうですし、上手くやるかもしれません。中田も逆に斎藤君の対応が勉強になるかもしれませんね^^

      中田は入団当初、家では野球の試合をほとんど見ないとか言ってました、最近では日本シリーズを見たりして、悔しさを募らせているようですね。ホント成長しましたね^^

      来年は確実にやってくれますよー!

      返信

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!