Written on 3月 15th, 2007 at 2:03 pm by シンキチ

0 Comments

甲子園でのライバル 日本文理を徹底分析 1.打力

第79回選抜高校野球大会の大会初日の第二試合で中田翔率いる大阪桐蔭と対戦する日本文理高校。このチームの戦力を徹底分析してみました。

→★野球ランキング★

大阪桐蔭が初戦で対戦する日本文理は侮れない。

日本文理は新潟大会決勝で北越を破り、北信越大会に進んだ。その北信越大会でも1回戦の長野代表長野商を11対7で撃破。

2回戦の富山代表の富山商には6対2。準決勝では強豪石川代表星陵に12対9と打撃戦を制し、そして決勝では長野の創造学園大付属に9対2と圧勝し北信越大会を制した。

しかし、驚くべき点は日本文理はただ単に強豪を普通に倒してきただけではなく、その全試合を逆転で勝ち上がってきているという事だ。

どの試合も序盤に先制を許しているが、中盤から後半に逆転し相手を突き放して勝ってきている。早いときには取られたその裏の攻撃で追いついたり逆転したりして勝っている。これは大阪桐蔭にとっても非常に脅威である。

得点をして、さあこれからと言う時に追いつかれる、もしくは逆転される。これは野球をされていた方ならお分かりになるだろうが、非常に嫌な展開でこちらの勢いが完全に止められて、相手方に流れがいってしまう。

こうなると、試合の進め方が難しくなる。

日本文理は新チーム23勝7敗と勝率こそ、そんなによくはないがチーム打率が3割7分1厘と高く、強打を誇る大阪桐蔭の3割6分1厘を凌いでいる。

この数字がいかに高いか説明するのは困難だが、中田翔が4番に座り全国から恐れられる大阪桐蔭の打線を想像して頂き、それを上回ると考えて頂ければその凄さはお分かりになると思う。

元来、新潟代表は甲子園ではいい結果を残せていなく、弱いというイメージがあるが、今年の日本文理は侮れない。

試合予想は打撃戦になると考えられるが、かなりの好勝負が期待できるだろう。

sponsored link

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!