Written on 7月 23rd, 2007 at 10:58 pm by シンキチ

0 Comments

中田翔 交野高校戦で完全試合! 3回戦突破

大阪桐蔭の中田翔投手(3年)が5回参考記録ながら、完全試合を達成した。今大会に初登板初先発し、初回に3者連続奪三振の好スタート。球威のある直球と鋭いスライダーで、12三振を奪った。

→★野球ランキング★

今日はついに中田が先発、大阪桐蔭も遂に臨戦態勢に入ってきた。打っても中田は2打数2安打1打点でチームの勝利に大きく貢献、10対0と交野高校相手に5回コールドで試合を決めた。

大阪桐蔭は22日に行われた4回戦以降の抽選で超激戦区に組み込まれた。

東海大仰星、近代付属、PL学園、履生社が同じブロックに入り4回戦では早くも甲子園常連の東海大仰星と対戦する。しかし、当然ながら大阪桐蔭だけが激戦区に入ったわけではない。桐蔭以外の4チームは最強中田がいる桐蔭と同じブロックに入っているだけではなく他の強豪校も倒して行かなければならない。

そんな中、今日早くも優勝候補のPLが近大付属と3回戦で対戦。接戦になったが5対1で近大に競り負け夏の大会から姿を消した。さらに、このブロックではないが上宮が昨年ベスト4の東大阪柏原に破れ彼らの夏も終わった。

大阪大会にはどんな強豪校でもシードが無い為1回戦、もしくは2回戦から戦い始めないとならない。

これが、大阪のつらい所で極端に言えば1回戦から決勝戦の対戦がカードが実現したりする。
今日負けてしまったPL学園や上宮などは他県にあると確実にベスト4くらいまでなら楽に勝ち進める実力を持ちながら大阪の高校であるが為3回戦で姿を消してしまった。

25日も4回戦ながら大阪ならではの好カードが相次いでいる。

今日PL学園に勝った近大付属は、優勝候補の履生社と我らが大阪桐蔭は、これまた強豪の東海大仰星と対戦する。もうどこが勝ってもおかしくはないが客観的に見てみるとこれらの強豪校のなかでも中田のいる大阪桐蔭は頭一つは抜けている。今まで大阪桐蔭の唯一の弱点と言われえていた投手力も中田の復活で完全に補えそうで桐蔭の打撃は今更説明する必要はない。中田、山口を始め、超重量打線である。

大阪桐蔭の25日の東海大仰星との試合はおそらく打ち合いになるだろう。

いくら中田の投手としての調子が上がってきたと言えど、東海大仰星の打線を簡単に抑えられるものではない。恐らく、少なくても4.5点以上の点の取り合いになると私は思う。そうなると、昨日書いたように、中田の一発が試合を左右する効果的なものになるだろう。大阪桐蔭の方もも打撃戦は大歓迎だと思う。大阪桐蔭にとっては一番嫌な試合展開は春のセンバツの菊川戦のようなロースコアの接戦。どうしても打撃陣が大事に行きバットを振り切れなくなり打撃力を生かせない時がある。それよりも、ハイスコアの打撃戦なら打撃力の強いほうに軍配が上がるケースが非常に多い。大阪桐蔭はそこに期待している。

まあ、長々と書いたが夏の大会も遂に佳境に入ってきた。負けたくないと強く思ったほうが勝ち抜き諦めたらそこで夏は終わってしまう。そんな強烈な緊張感の中でおもしろい試合が生まれるのだろう。

中田にはそんな中で人一倍強く大きく輝いて欲しい。

画像:投手中田が完全試合達成/高校野球 – 大阪ニュース : nikkansports.com

sponsored link

,

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!