Written on 2月 3rd, 2010 at 3:12 pm by シンキチ

5 Comments

名護キャンプをみて感じた事~中田キャンプレポート

昨日、沖縄県名護市で行われているファイターズの春季キャンプを見に行ってきました。天候にも恵まれ気温は約20℃と絶好の野球日和。私は勿論、内外野とスタンドを動きながら中田を中心にファイターズの練習風景を眺めていました。

その時に撮ったたくさんの画像のアップは次にして、今回はキャンプを見て、中田について強く感じたことを書いていきたいと思います。

相変わらずの中田びいきな部分と、珍しく少し辛口な所もありますので、楽しんで下さい。

ご支援を宜しくお願いします。↓
野球ランキング

中田の外野守備について

中田外野守備守備練習は、最初に内外野合わせてのシートノック、その後、内野と外野に分かれての個別練習が行われ、合計で一時間ほどみっちりと行われました。中田は、首脳陣の宣言通り外野一本での守備練習。多くのマスコミも取材に来ていて中田の守備に注目が集まっていましたが、私の正直な感想を言うと「問題なさそう」という印象です。やっぱり、高校時代に外野をやっていたと言う事もあり、ボールの追い方などは意外にズムーズでした。

でも、一つレギュラーメンバーと大きな差があるなと感じたのはスローイング。レギュラー陣のスローイングが、実践で使える「ボールを取ってから早く正確なスローイング」なのに対して、中田のは、「自分の投げられる一番いいボールを投げようとする大きなフォームのスローイング」。稲葉や森本などは、ほとんど内野手のような投げ方で、ボールを取ったらすぐに耳の横に持ってくる小さなモーション。この投げ方だとコントロールが付くのは当然でしょうが、またそれで矢のような速い送球ができるんですから、ほんと凄いです。対する中田のは、投手の遠投練習ような大きくゆったりとしたモーション。これだと取ってからボールを離すまでに結構な時間がかかるし、リリースポイントが定まりにくいのでコントロールも付きにくい。レギュラー陣の返球とは、ランナーの足で2歩くらいの違いはあると思います。しかし、中田は元来強肩の選手。基本的な体の動きを覚えれば、かなりいいスローイングが出来るようになると思います。絶対に外野の方が向いていますね。

中田のやる気について

名護キャンプ中田ベースランニング中田は闘志を前面にだしてプレーするタイプの選手ではないので、色んな所で誤解を招いていてるんでしょうが、練習を見た限りではしっかりとやっていたと思います。アップの時も先頭でやってましたし、その後のベースランニングでも中田が先頭で練習を引っ張っていました。また、練習中に自分から稲葉先輩に話しかけていましたし、コーチとも積極的にコミュニケーションを取っていました。なので、一部で報道されているような、やる気がないなんてのは、かなり語弊があると思いますし、頑張っている中田には辛いことだと思いますよ。でも、強いて言えばずっとスター街道を歩んできたせいか、ボールを拾いをしたりなどの後輩としての気が利かなかったり、性格にのんきな部分があるのでたまにボーっと突っ立ている時があります。この辺りが、マスコミに変な理由をつけてやる気がないと報道される部分かもしれません。

中田の打撃について

これは正直、かなり深刻だと思いました。いつも中田びいきの私が見てもちょっとまずいかなという感じで、色んな人に色んな事を教えられる結果、中田らしい打撃ではなくなってきたように思われます。

その最たるものがダウンスイング。ここ数年おそらくコーチから徹底的に指導されたのだと思いますが、確かにそれで中田のバットは以前よりも遠回りしなくなっています。しかし、その結果中田のバットは、”向かってくるボールに対して最短距離”でバットが出るようになってしまっています。「それでいいのでは?」と思われるでしょうが、これだとバットとボールの当たる確率が大きく下がってしまいます。

何故か?分かりやすくストレートで説明すると、ピッチャーの投げたボールと言うのは、地面に対してほぼ並行か、あるいはオーバースローの場合上から下に向かって飛んできます。言い換えると、ピッチャーのリリースポイントとキャッチャーミットと言うのは、並行からあるいは上から下に伸びるラインで繋がるわけです。
ボールの軌道

そのボールに対して、ダウンスイングで最短距離で打つと言う事は、ボールが飛んでくるラインの一点(図の×)に対してバットを上から下に出すと言う事ですから、タイミングが少しズレればバットには当たりません。しかし、この飛んでくるであろうボールのラインを想定し、その軌道上にバットが長くいるようにスイングが出来れば、タイミングが多少ずれようともバットに当たる確率は上がります。そういうスイングをするのにダウンスイングというのは向かないし、ボールに対して最短距離でバットを出すと言う考え方も大きな間違いなんです。したがって、向かってくるボールに対して最短距離にバットを出すのではなくて、「バットをボール飛んでくるラインに最短距離で入れる」と言う考え方が正しいのだと思います。中田のスイングは、現状こうなっていません。したがって、バッティング練習を見ていても、ボールを捕まえていると言う感じはなく、ボールをこすっているという感じです。

中田打撃名護キャンプもう一つの大きな問題は回転。これも非常に深刻で、どうしてもバットをボールに当てることに注意しすぎて、上半身主導のスイングになってしまっています。簡単に説明すると、トスバッティングのようなグリップを投手方に突き出すようなスイングになっているという事です。これだと、腹切りのようなスイングになり体はしっかりと回転しません。キチッとした回転のスイングをするためには、バットのグリップを常に自分の体の方に向ける意識が必要なんです。そうすると、自然と重心が軸足に乗り、キレいな回転が出来るようになります。

昨日の練習でも中田にバッティングを指導していたコーチは、中田の軸足の踏ん張りについて細かな指示を出していました。恐らく、体重が左足に乗りすぎて右足の踏ん張りがしっかりと効いていないと言う事を言いたかったのでしょう。しかし、右足だけグッと踏ん張るように意識をしろと言われてもそんなに容易く出来るものではありません。人間の多くは、足よりも手の方が器用な場合が多いんです。しかも、バットにボールを当てる事に意識がいっている中田には、下半身をどうしろと言うよりも、むしろ上半身をこうすると下半身もこうなるという教え方の方が遥かに分かりやすいはず。右足に体重を残し、しっかりと踏ん張りを利かせたいのであれば、バットのグリップが常に自分の体に向いている事を意識しながらスイングしてみろと教えてあげた方が中田にとっても分かりやすいと思います。

昨日もファイターズの主力選手のフリー打撃を一通り見ましたが、稲葉と糸井は別格だと思いました。上で話した、ボールの軌道にバットが常に入っている事、さらに、バットのグリップが自分の体に向きながら回転していると言うのは当然のように出来ていましたが、下半身主導でスイングし、バットのヘッドが出てくるのがスイング工程一番最後だというのもスゴク良く分かりました。そして、本当に凄いなと思ったのが、上半身、下半身、バットの動きがスムーズに連動していて、何度スイングしてもほぼ同じ形で打てると言うのがびっくりでした。稲葉は前々から凄いと言うのは分かっていましたが、糸井があれほどのスイングをしているとは思いませんでした。昨日見た打撃の中では、糸井が間違いなくピカイチだったと思います。彼は、今年クリーンアップを打つかもしれませんね。

中田レポートまとめ

守備に関しては、このキャンプ中でモノになるのでは?と思えるくらい順調。レギュラー陣との差はまだ確かに大きいが、試合に出ても問題ないくらいのレベルにはすぐになると思います。また、チームの色んな練習にも真剣かつ積極的に取り組んでいるし、なるべく前に出ようという姿勢には大きな成長を感じました。ただ、一番得意なはずの打撃にまだたくさんの課題が残っていて、このキャンプ中に少しでも多く改善出来れば開幕一軍があると思います。時間を見つけてあと数回は見に行きたいと思います。次見るときの成長が楽しみです。

ご支援を宜しくお願いします。↓
野球ランキング

sponsored link

, , , ,

5 Responses to “名護キャンプをみて感じた事~中田キャンプレポート”


  1. 桐蔭ファン

    7 years ago

    はじめまして!
    あの春部共栄戦を見て、松坂以来の衝撃を受け、金光大阪戦までずっと追っかけしてました。
    正直、日ハムに入って良いバッティングコーチに出会ってないような気がします。しょっちゅうフォーム変えてますよねぇ。シンキチさんのレポート読んで「またか・・」 って落胆です。
    とにかく梨田監督がどこまで我慢して使い続けられるかにかかってると思うのですが・・
    レポート楽しみにしてます!

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      はじめまして、桐蔭ファンさん。
      コメントありがとうございます。

      あの春日部共栄戦は私にも本当に衝撃的でした。長年高校野球を見てきましたが、こんなにも凄い一年を見たのはあの時が最初でした。

      今、中田は自分自身で色んな試行錯誤をしながらバッティングを研究しているようです。桐蔭の先輩である西武の中村選手のようなスイングをしてくれれば良いのですが、ちょっと色々と迷っているようです。でも、一つきっかけを掴めばすぐによくなると思います。今年の中田はやってくれそうな気がします。

      返信

  2. 中西

    7 years ago

    細やかな解説感心しました。スゴくわかりやすく内容も専門的で最高のレポートでした。
    これからも更新楽しみにしてます。

    返信

    • シンキチ

      7 years ago

      中西さん、コメントありがとうございます。
      また時間を見つけて名護まで行こうと思ってますので、お時間のある時にでも遊びに来て下さい。宜しくお願いします。

      返信

1 Trackbacks For This Post

  1. 名護キャンプで撮ってきた画像約30枚~ファイターズの練習風景 | 中田翔ファンブログ Says:

    [...] 前回の中田キャンプレポートと言う記事でも書きましたが、2月2日にファイターズの名護キャンプに行って来ました。 [...]

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!