Written on 9月 19th, 2009 at 3:02 pm by シンキチ

0 Comments

ノーアウトランナー一塁の攻め方

野球の試合中、しばしば訪れるこのノーアウトランナー一塁の場面。この状況をどのようにして、得点に結び付けるかが、勝敗に大きく関わっています。さらに、この場面というのは、野球において監督を悩ませる場面の一つと言っても過言ではありません。

この場合の攻め方は、ヒッティング、送りバント、セーフティバント、単独スチール、ヒットエンドラン、バスター、バスターエンドラン、ウェイティング、バントエンドランと野球で考えられる攻め方のほぼ全ての種類が選択可能です。

では、その中でどのような攻め方を選択すればいいのか?これには、色々な要素を踏まえながら判断していかなくてはなりません。それらの踏まえなければいけない要素は次になります。

  • イニング -今が試合の序盤か中盤か後半か?残りイニングは?
  • 点差 -1点を取りに行くのか、ランナーを溜めて大量得点を狙うのか?
  • 打者 -打つのが得意か?バントは苦手か?その日の調子は?
  • 走者 -走者の足の速さは?判断力は?
  • 打順 -下位打線なのか?クリーンナップなのか?次のバッターの打力や調子は?
  • 相手投手 -相手投手の調子は?コントロールは?疲れは?守備力は?フィールディングは?牽制の上手さは?クイックは?
  • 相手守備 -キャッチャーの肩と頭脳は?内野の守備力は?守備陣形は?外野手の能力は?
  • 自投手 -自チームの投手の調子は?疲れは?
  • 試合の流れ -自分たちにあるのか?一進一退なのか?相手にあるのか?
  • 天候とグランド状態 -天然芝?土?人工芝?雨?硬い?

他にもあるかもしれませんが、今、試合を想像する中で思いつくのは以上の事です。これらの状況を判断した上で、監督は最良の選択をし、サインを送らなければならず、打者やランナーもあらかじめ、これらの状況を元にサインを推測しなければなりません。

この選択がベストだというのはなく、常に結果論で作戦が成功すれば、「あの時の判断は良かった」とか失敗すれば、「何で、あんな攻め方をしたんだ」という結果論になる事が多いです。しかし、サインを出す方は、「上の状況を総合的に判断した結果、一番確立が高かったのが今の攻め方だった」と理由付けができればその選択は間違ってなかったと僕は思います。

ノーアウトランナー一塁~例で見てみよう!~

例をひとつ挙げて考えて見ましょう。分かりやすいように、プロ野球にします。

「日本ハム対巨人で日本ハムの先発がダルビッシュ、巨人の先発はグライシンガー。両投手とも絶好調で試合は終盤の8回表、巨人の攻撃、ノーアウトランナー一塁で走者がエラーで出塁した坂本、打者が今日ノーヒットの2番松本。後には、小笠原、ラミレス、亀井のクリーンナップ。」

この状況はすごく分かりやすいですね。

●イニングは、終盤の8回、点差はなし、試合の流れは一進一退の状況で自投手のグライシンガーの調子も良く、1点を取れば逃げ切れる可能性が高い。
●相手投手のダルビッシュもよく、そう簡単に連打が期待できない。
●ランナーの坂本の足は早いが相手捕手の鶴岡も強肩、ダルビッシュの牽制も上手い。なので、盗塁はリスキー。
●打者の松本は今日ノーヒットでダルビッシュに合っていない。松本は足が速く左バッターであるためダブルプレーになる確率が低いが、ヒッティングだとランナーを進める事ができない。逆にウェイティングをしてもコントロールのよいダルビッシュには意味がない。
●ランナーを走らせてエンドランと言う手もあるが、ダルビッシュの球威を考えるとフライにならないとは言い切れない。同じ理由でバントエンドランとバスター、バスターエンドランもリスクが高い。

そうなると、最終的に残るのは、送りバントかセーフティバント。しかし、この場合は1点をなんとしても取る為にランナーを進めると言うのが大前提なので、より確実な送りバントがベストな選択だと思います。送りバントをすると、一塁が空くので次の小笠原が歩かされる可能性があるが、塁を埋めてラミレスというのも同じように大きな期待ができる。

ちなみに、僕が守備側のダルビッシュや鶴岡の場合は、小笠原に対しては、ボール球中心で振ってくれればラッキーと言う攻めをして、カウントが悪くなれば歩かせる。そして、ラミレス勝負で、内野ゴロを全力で打たせにかかり、ダブルプレーで一気にチェンジを狙います。

記事が少し長くなりましたので、この辺にします。

今回は状況説明を明確にするために、最も分かりやすい状況を例にあげました。こんな状況なら、説明なしでも誰でもバントとすぐに言えるでしょうし、こんな分かりやすい状況は試合中にもあまりありません。ですので、重要なのはチームの状況、相手の状況、試合の状況をしっかりと把握し、最適な攻め方を柔軟にチョイスする事です。

最初にも書きましたが、この攻め方がベストというのものはありません。常に結果論です。なので、どのような結果が出ても最良な選択をしたと思える攻め方をして下さい。ノーアウトランナー一塁は攻め方における永遠のテーマです。皆さんの中にもいい意見があれば、ぜひ教えてください!

sponsored link

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

Health, beauty products canadian pharmacy ]`\ generic drugs without a prescription has affordable prices. Safe money with canada pharmacy #]\. order viagra professional on phone or online order. Refill Services https://canadian-pharmacy-med.com {/;| Canadian drugs online used to treat erectile dysfunction. Generic drugs Canadian pharmacies ;'Canadian drugs take care of pharmacy. Every day we collect the prices of medicines in Canadian pharmacy \{< buy antibiotics compare the prices with other pharmacies and rejoice for yourself!